すたっふブログ

もし万が一、新型コロナウイルスに感染したら・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

もし万が一、新型コロナウイルスに感染(mask)してしまった場合・・・

 
軽症の場合は自宅療養の可能性があります(bed)
その際はペット(dog)(cat)のお世話は他のご家族にお願いするなどしてペットとは接触しないようにしてください。
ごく稀な症例ですが、世界で飼い主から犬に感染した例が2例、猫に感染した例が2例報告されています(book)(pencil)
※但し、犬(dog)や猫(cat)から人(dazed)に移るとは考えられていません。
動物から人への感染はないと考えられていますが、ペットの被毛にウイルス(imp)が付着している可能性が大いにありますのでお家を消毒する場合は必ず動物もシャンプーをする事をお勧めします。
 
他にご家族がいらっしゃらない場合は、動物と接触する際にマスク(mask)や手袋等をして注意を払いながらお世話をして下さい。(少数でも動物への感染例があるため)
 
軽症であってもご家族構成によっては入院措置(hospital)が必要なケース、またはご本人が重症化してしまった場合は入院措置(hospital)となる恐れがあります。
 
その際にペットのお世話を誰かにお願いする時の注意点があります。
公益社団法人東京都獣医師会よりガイドラインが出ています。
参考になさって下さい。
 
 
 
世界では感染患者の方がお家にペットを置き去りにしているケースが出ています(brr)
 
どうしても託す先が無い場合、現在ご登録をいただいている(カルテ作成済みでご利用いただいた事のある)お客様に限り、ご相談に応じさせていただきますのでご来店いただかずにお電話(phone)にてご連絡下さいませ。
 
東京都獣医師会のガイドラインに則り対応させていただきますが、それ以上に注意を払いお世話をせざるを得ません。通常通りのお世話とはいきませんのでご了承ください。
 
大変心苦しい対応となりますが、ペットの受け取りは直接行いません。
こちらからお迎えにあがります。例えば下記のような手順で行います。
 
こちらが持参したキャリーを玄関前に置く→飼い主様(若しくはその他の方)に受け取っていただきペットを入れてもらい玄関前に置いてもらう。→キャリーの消毒をした上で受け取る。(防御できる装備で伺います。)
 
猫さんのペットシッターの際はお家の鍵の受け渡しは直接行いません。(方法は相談の上、善処します。)
お世話に関してはお家の中の方へは入らず、玄関に入ってすぐの辺りでご飯とトイレの処理のみ行う等(食器やトイレはこちらで持参します)通常の内容より大幅に縮小させていただきます。
出来るだけ感染が広がらないよう、対応策を講じながら取り組んでいきたいと思います。
 
万が一の際に頼れる場所が無いのは不安なものです。一つの安心材料になればと思います(please!)
 
ただし(!)まずは感染しないことです(rock)(surprise)
大事な人の為にもペットの為にも今感染していないのであれば、より一層注意を払って「感染しない!感染させない!」
 
こまめな手洗い(clap)です!!
(スマホやタブレットをよく触る人はそれも要消毒です!)
そしてむやみに顔を触らない!
人が集まる場所に行かない!
出来るだけお家に居て下さい!
 
みんなで乗り切りましょう!!
 
何かあればご相談下さい(content)
 
本文は厚生労働省のホームページや公益社団法人東京都獣医師会のガイドラインを参考にしています。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る